サイトマップ 文字サイズ変更
     
サイト内検索
トップページ > 栄誉ある表彰 > 過去の表彰

平成30年度名誉総裁表彰受章者

表彰受章者 功績の概要
宮崎県水難救済会
 日南市漁業協同組合救難所
 救助員 佐藤 一徳 氏
 救助員 佐藤 慎也 氏
(海難救助功労/個人)
 平成29年6月22日、午前3時30分頃、鹿児島県奄美大島西方約70海里付近海上においてマグロ延縄漁船が漂泊中、浸水し、急速に船体が傾斜したことから、漁業無線にて救助を要請するとともに、直ちに全員が救命筏にて退船した。
 付近海上で操業中の救助船徳慎丸(漁船:日本人2名、インドネシア人3名乗組み)は、同船の救助要請を無線にて傍受するや直ちに操業を打ち切り、AIS装置に表示されていた同船の位置に急行し、暗夜の中、探照灯を使用しながら目視捜索を開始したところ、午前4時26分頃、転覆している同船を発見した。
 しかし、付近海上に同船乗組員の姿や救命筏も見当たらなかったことから、その旨を僚船及び海上保安部に通報するとともに、転覆していた船から風下に向って漂流物が散在していたことから、それに沿って捜索するも発見に至らなかったため、同船の風上側にて捜索を続行したところ、約2メートルのうねりがある中、救命筏を発見、午前5時30分頃、救命筏内で救助を待っていた乗組員6名全員を救助した。
絹田 正裕 氏
(事業功労/個人)
 本会が行う水難救済事業の重要性を深く認識し、青い羽根募金の趣旨に感銘を受け、ボランティア救助活動等の支援に役立ててほしいと、平成27年1月15日から平成29年10月16日までの間、青い羽根募金として本会に多額の寄附をした。
木 芳暢 氏
(事業功労/個人)
 東日本大震災の大津波による被災状況に衝撃を受け、少しでも復興支援に役立つことができないかと考えていたところ、被災地域に所在していた地方水難救済会の多くの救難所が被害を受けたことを知ると同時に、本会が行う水難救済事業の重要性を深く認識するとともに青い羽根募金の趣旨に感銘を受け、平成27年1月15日から平成29年12月15日までの間、青い羽根募金として本会に多額の寄附をした。
若築建設株式会社
(事業功労/団体)
 本会が行う水難救済事業の重要性を深く認識し、長年にわたり全社を挙げて青い羽根募金に協力し、清涼飲料水を購入することにより売上金の一部が青い羽根募金として寄附される「青い羽根募金支援自動販売機」を設置するなどして、平成25年4月22日から平30年2月27日までの間、青い羽根募金として本会及び地方水難救済会に多額の寄附をした。
平成30年度名誉総裁表彰受章者
宮崎県水難救済会日南市漁業協同組合救難所
救助員 佐藤 慎也 氏

平成29年度名誉総裁表彰受章者

表彰受章者 功績の概要
伊豆地区水難救済会
 下田救難所
(海難救助功労/団体)
 平成28年8月21日午前7時33分頃、「下田市須崎の爪木埼灯台付近の磯場で釣人3名が海中転落し、救助を求めている。」との118番通報を受けた下田海上保安部は、直ちに下田救難所に対し救助出動の要請を行った。
要請を受けた同救難所の救助員6名は、直ちに救助船「すさき丸」に乗船し、台風9号の影響により磯波が高い中、多数の岩礁が存在し、複雑な沿岸流のある海域において、捜索を開始して間もなく、救命胴衣を未着用で漂流中の3名を発見した。
 しかし、接近するのは磯波が高く極めて危険と判断し、3名に対し沖合に向かうよう指示し、巧みな操船により救助員が一致協力してロープを投げ入れ、午前8時頃までに3名を船内に引き上げ救助した。
 また、そのうちの1名が意識を失って心肺停止状態になったため、その異変に気づいた救助員の一人が直ちに心肺蘇生措置を開始して須崎漁港まで継続し、救助した他の2名と共に消防の救急隊に引き継いだもので、極めて抜群の功労があった。
紙尾 均 氏
(沖縄県立八重山病院救急科部長/医師)
 洋上救急事業の協力医療機関の医師として、平成19年6月の初出動以来巡視船艇や航空機に同乗して平成28年9月までに累計12件の洋上救急事案に出動し、14名の傷病者に対して救急医療処置を行ったほか、本会が実施している慣熟訓練にも率先して指導的役割を担う等、本会の洋上救急事業に貢献し、極めて抜群の功労があった。
平成29年度名誉総裁表彰受章者
伊豆地区水難救済会下田救難所

平成28年度名誉総裁表彰受章者

表彰受章者 功績の概要
特定非営利活動法人 長崎県水難救済会
上対馬救難所  救助員 西原 勝
                   救助員 西原 浩勝
(海難救助功労/個人)
 平成27年9月1日、長崎県対馬市比田勝港の東方約12海里の海域でいか釣漁を行っていたいか釣り漁船恵比須丸が、風浪が激しくなったため操業を止めて帰港しはじめた午前3時頃、突風を受けて船体が右舷側に傾き始めたため、同船船長は危険を感じて救命胴衣を着用のうえ船外に脱出したが、直後に同船が転覆したため、漂流しながら救助を待っていた。一方、同海域で同様にいか釣漁を行っていた救助員2名は、午前3時頃、恵比須丸から「風が強くなってきたため帰港する」旨の無線連絡を受けていたが、午前4時頃、無線で呼びかけても応答がないため異変を感じ、直ちに同いか釣り漁船が操業していたと思われる海域に急行し、捜索を始めた。間もなく、微かな油の臭いに気付いて付近海上を捜索したところ、午前5時30分頃、船底を上に向け転覆している同船を発見するとともに、約300メートル離れた海上において漂流中の船長を発見し、夜間荒天の下で救助員が一致協力し、午前5時50分頃、無事救助したもので、極めて抜群の功労があった。
特定非営利活動法人 長崎県水難救済会
豊玉町救難所  救助員 築城 哲則
                   救助員 原田 政範
<協力者>
漁船第二十五友盛丸乗組員 中井 義廣
漁船第八豊進丸乗組員 原田 徳夫
(海難救助功労/個人)
 平成27年9月1日、長崎県対馬市美津島町の東方約14海里の海域でいか釣漁を行っていた漁船第一吉栄丸が、午前3時頃から突風を伴った雨が激しく降り始めたため、帰港準備にかかっていた午前3時40分頃、大きな三角波が船内に打ち込み船体が次第に右傾斜し、機関室に海水が流入して機関が停止したことから無線により僚船へ救助要請した。その直後に同船は転覆し、救命胴衣着用の船長及び救命胴衣未着用の乗組員1名は海中に投げ出された。一方、同海域で、いか釣漁を行っていた第二十五友盛丸及び第八豊進丸は、同日午前3時頃から風雨が強くなってきたため、それぞれ帰港を開始した直後の午前3時40分頃に第一吉栄丸から救助要請を受け直ちに現場に引き返し捜索していたところ、第二十五友盛丸が微かな笛の音を聞きつけて、漂流中の船長を発見し、夜間の荒天の下で救助員と協力者が一致協力し、午前4時30分頃、無事救助した。また、続いて現場海域で捜索中の第八豊進丸も、午前4時30分過ぎに波間を漂流していたもう一人の乗組員を発見し、夜間の荒天下に救助員と協力者が一致協力し、午前4時40分頃、船内に収容し無事救助したもので、極めて抜群の功労があった。
南日本造船協力事業協同組合
(事業功労/団体)
 本会が行なう水難救済事業の重要性を深く認識し、南日本造船株式会社と協力し、清涼飲料水を購入することにより売上金の一部が青い羽根募金として寄付される「青い羽根募金支援自動販売機」を工場内に設置し、平成23年3月15日から平成28年2月15日までの間、青い羽根募金に多額の寄付をし、本会事業に抜群の功労があった。
平成28年度名誉総裁表彰受章者
特定非営利活動法人 長崎県水難救済会
上対馬救難所 救助員等
平成28年度名誉総裁表彰受章者
特定非営利活動法人 長崎県水難救済会
豊玉町救難所 救助員等

平成27年度名誉総裁表彰受章者

表彰受章者 功績の概要
徳島県水難救済会阿南救難所椿泊支所
(海難救助功労/団体)
 平成26年8月2日午後7時頃、台風の接近に伴って降り続く大雨により、YMCA阿南国際海洋センターキャンプ宿泊施設から約4キロ離れた県道が山麓崩壊により不通となり、サマーキャンプに参加していた大阪府内の小中学生等74名と施設関係者の計106名が施設内に孤立した。  翌8月3日朝、宿泊者の安全の確保が困難になることが予想されたため、同施設の責任者は、午前7時42分頃、徳島海上保安部に対し救助要請を行い、同海上保安部では直ちに巡視船艇を宿泊施設に向かわせたが、同施設の桟橋付近は水深が浅く巡視船艇が接岸できないため、午前9時頃、徳島県水難救済会阿南救難所椿泊支所に対し救助協力要請を行った。 要請を受けた椿泊支所長は、真光丸、勝丸及び住吉丸の3隻の救助船(瀬渡船)に対して出動を指示し、午前10時頃、救助船救難所員は、大雨洪水警報発令中の降雨の中、卓越した操船技術により1回につき約10名ずつピストン輸送を行い、小中学生等計48名を沖合に待機中の巡視船艇まで移送して無事救助したもので、極めて抜群の功労があった。 (他の26名の宿泊者は、巡視船の搭載艇により救助された。)
斎藤 裕
(洋上救急功労/個人)
 緊急に加療を要する船舶上の傷病者に対する人命救助と船員福祉の向上を目的として昭和60年10月から開始された洋上救急事業の協力医療機関の医師として、長期間にわたり洋上救急に従事し、平成10年までに16件の洋上救急事案に巡視船艇や航空機に同乗して出動し、16名の傷病者に対して医療処置を行なうとともに、その後も引き続き洋上救急に出動する可能性がある若手の医師・看護師に対する慣熟訓練の実施に南九州地区洋上救急支援協議会の顧問として積極的に協力してきており、長年にわたり本会の洋上救急事業に貢献し、極めて抜群の功労があった。
SGホールディングス株式会社
(事業功労/団体)
 本会が行う水難救済事業の重要性を深く認識し、募金活動に全社を挙げて取り組み、永年にわたり「青い羽根募金」に多額の寄付をし、本会事業に極めて抜群の功労があった。
平成27年度名誉総裁表彰受章者
(徳島県水難救済会阿南救難所椿泊支所長等)

平成27年度名誉総裁表彰受章者(洋上救急制度創設30周年記念式典)

平成27年10月5日、洋上救急創設30周年記念式典を開催し、洋上救急制度創設から30年間において、洋上救急功労に係る名誉総裁表彰の基準(出動回数60回、出動医師等100名)を遥かに超える功労があったと認められる次の団体に名誉総裁高円宮妃久子殿下から名誉総裁表彰として表彰状と名誉総裁盾が直接授与されました。
表彰受章者 功績の概要
日本医科大学付属病院  昭和60年3月17日から出動回数115回、出動医師・看護師等230名
東海大学医学部付属病院  昭和63年7月23日から出動回数 77回、出動医師・看護師等213名
沖縄赤十字病院  昭和62年5月9日から出動回数 61回、出動医師・看護師等112名

平成26年度名誉総裁表彰受章者

表彰受章者 功績の概要
特定非営利活動法人 長崎県水難救済会
橘湾東部救難所南串山支所
救助員 井上  繁
救助員 井上 勇喜
(海難救助功労/個人)
<協力者>
漁船第一博洋丸
外国人技能実習生一同
 平成25年12月24日午前2時30分頃、長崎県五島市男女群島女島の南南西約20海里の海上において、漁船明勇丸が船尾の居住区から出火し、消火を行うも火勢は衰えず、船首付近に乗組員4名が退避した。
 付近海域において操業中の漁船第一博洋丸(救助員2名及び協力者3名乗組み)は、明勇丸の集魚灯が消灯し、船橋付近にもやもやした光を視認するなど異変に気付き、直ちに明勇丸に向け急行したが、既に後部から前部甲板上に火が回っており、また、風浪高く荒天下のため、船長は同船への接舷は困難と判断し直ちに機関長に指示して救命浮環を投げ入れ、海に飛び込んだ明勇丸乗組員の救助を開始し、救助員及び協力者3名が互いに協力し、午前2時55分、全員を救助したもので、極めて抜群の功労があった。
公益社団法人 北海道海難防止・
水難救済センター松前救難所
(海難救助功労/団体)
 平成24年11月26日午後5時頃、北海道猿払村知来別漁港から函館港へ回航中の漁船第一金英丸(2名乗組み)が、松前港付近に点在する暗礁に乗揚げた。
 荒天のため海上保安庁のヘリコプターによる救助ができない状況下、函館海上保安部から救助要請を受けた松前救難所は、同日午後5時50分頃、所属船光仁丸及び幸喜丸の2隻を出動させ、現場付近まで進出したが、現場は磯波が高く、第一金英丸は船体の動揺が激しく極めて危険な状況に陥っていた。
 その後、第一金英丸を監視中、該船が風浪の影響を受けて船首方向が沖向きに変わった瞬間をとらえ、喫水の浅い光仁丸が岩礁を回避しつつ該船に接近、幸喜丸は光仁丸の接近を認めるや可能な限り接近して探照灯により付近海域を照らし、光仁丸の接近を支援し、光仁丸は該船乗組員にロープを投げ渡して、ロープを体に巻き付けるよう乗組員に指示し、自身の手首にロープを巻き付けて救命胴衣着用のうえ順次海に飛び込んだ乗組員2名を光仁丸乗組員が引き寄せて船内に揚収し、午後6時50分頃救助完了したもので、極めて抜群の功労があった。
社会福祉法人 恩賜財団済生会支部
鳥取県済生会境港総合病院
(洋上救急功労/団体)
 緊急に医師の加療を要する船舶上の傷病者に対する人命救助と船員福祉の向上を目的として、昭和60年10月から開始された洋上救急事業に関して、協力医療機関として、これまで31件の洋上救急事案に対して60名の医師・看護師を出動させ、傷病者31人に対して医療処置を行い、船員等の人命救助と福祉の向上に極めて抜群の功労があった。
山内 甚一郎
(事業功労/個人)
 本会が行う水難救済事業の重要性を深く認識し、東日本大震災で自家の1階部分の物がほとんど流出されるなど自ら被災され、多くの方から支援を受けたことにより、社会への恩返しをしたいという感謝の気持ちから、ボランティア救助活動等の支援に役立ててほしいとのことで青い羽根募金に多額の寄附をし、本会事業に極めて抜群の功労があった。
福盛 訓之
(事業功労/個人)
 本会が行う水難救済事業の重要性を深く認識し、東日本大震災の被災状況に大きな衝撃を受けたことがきっかけとなり、自分にも何か支援できるものがあるのではないかと考え、ボランティア救助活動等の支援に役立ててほしいとのことから、青い羽根募金に多額の寄附をし、本会事業に極めて抜群の功労があった。
平成26年度名誉総裁表彰受章者
(特定非営利活動法人 長崎県水難救済会
橘湾東部救難所 南串山支所 救助員等)
平成26年度名誉総裁表彰受章者
(北海道海難防止・水難救済センター松前救難所)

平成25年度名誉総裁表彰受章者

表彰受章者 功績の概要
山形県水難救済会 酒田救難所
所長 池田 亀五郎
(海難救助功労/個人)
<協力者>
山形県漁業協同組合 さかた総合市場
次長  中鉢(ちゅうばち) 喜代志
職員 石澤 利明
 平成24年2月22日 午後4時30分頃、山形県酒田市沖合北西約8海里付近で、操業中の小型底曳網漁船が横波を受けて転覆、海中に投げ出された船長及び乗組員2名は、自力で該船の船底に這い上がり救助を待った。
 同日午後6時30分頃、家族から山形県漁業協同組合を通じて関係の救難所に捜索依頼があり、これを知った酒田救難所長は、一刻も早い現場確認が必要と判断し、自船の乗組員を招集する時間を惜しんで、山形漁業協同組合さかた総合市場の職員2名を乗船させて直ちに酒田港を出港し、捜索を実施。洋上は暗闇で捜索は困難であったが、船長は、自船が帰港する際、操業中の海宝丸を視認した海域を重点的に捜索し、自船から3海里(約6km)の地点のレーダーのかすかな映像を見逃さず、午後8時10分頃、転覆した海宝丸を発見。漁具や漁網が多数散乱浮遊し、接近困難な状況の中、接舷し、一致協力して船底上の3名を無事救助したもので、極めて抜群の功労があった。
公益財団法人 昭和会
今給黎(いまきいれ) 総合病院
(洋上救急功労/団体)
 昭和60年10月から開始された洋上救急事業において、協力医療機関として長期間にわたり積極的に協力し、これまで34件の洋上救急事案に対して57名の医師・看護師を派遣、巡視船や航空機等に同乗して出動し、緊急に医師の加療を要する傷病者34人に対して医療処置を行い、船員等の人命救助と福祉の向上に極めて抜群の功労があった。
JFEスチール株式会社
西日本製鉄所
(事業功労/団体)
 本会が行なう水難救済事業に関し、日頃からその重要性を深く認識し、清涼飲料水を購入することにより売上金の一部が青い羽根募金として寄付される「青い羽根募金支援自動販売機」を事務所内に設置し、従業員がこれに協力して青い羽根募金活動に取り組み、多年にわたり多額の寄附をし本会事業に極めて抜群の功労があった。
飯嶋  倖央(ゆきひさ) ほか1名
(事業功労/個人)
 本会が行なう水難救済事業に関し、日頃からその重要性を深く認識し、ボランティア救助活動等の支援に役立ててほしいとのことから、青い羽根募金に多額の寄付をし、本会の事業に極めて抜群の功労があった。

平成25年度名誉総裁表彰受章者
(山形県水難救済会 酒田救難所等)

平成24年度名誉総裁表彰受章者

表彰受章者 功績の概要
和歌山県水難救済会
紀南東部救難所串本支所
(海難救助功労/団体)
 平成23年2月22日午前6時40分頃、和歌山県安指漁港沖合で瀬渡船が激浪により転覆大破し、海中に投げ出された乗組員2名及び釣り客5名の救助要請を串本海上保安署から受けた同支所は、救助船5隻、救助員13名を直ちに出動させ、付近海上の漂流者の捜索にあたった。
 現場付近は岩礁・暗礁に囲まれた危険な海域で、10メートルを超える強風の中、迅速的確な救助活動により漂流者3名を無事救助し極めて抜群の功労があった。
長崎県水難救済会
橘湾東部救難所
千々石救難支所
救助員 吉岡 靖彦
救助員 平野 竜磨
救助員 中田 翼
(海難救助功労/個人)
 平成22年7月28日午後2時20分頃、長崎県雲仙市千々石町の千々石海水浴場で高波にさらわれて50〜60mの沖合に流され、荒波に揉まれながら救助を求める高校生を、救助員1名が救命胴衣を着用し、高波が打ち寄せる海中に自らの危険を顧みず飛び込んで救助に向かい、他の救助員2名が被救助者の位置や潮流の状況等を確認指示する等迅速的確な救助活動を連携して行い無事救助したもので、極めて抜群の功労があった。。
沖縄県立八重山病院
(洋上救急功労/団体)
 緊急に医師の加療を要する船舶上の傷病者に対する人命救助と船員福祉の向上を目的として昭和60年10月から開始された洋上救急事業に関して、協力医療機関として、これまで36件の洋上救急事案に対して39名の医師・看護師を派遣、巡視船や航空機等に同乗して出動し、傷病者38人に対して医療処置を行い、船員等の人命救助と船員の福祉向上に極めて抜群の功労があった。
若築建設株式会社
(事業功労/団体)
 本会が行なう水難救済事業に関し、日頃からその重要性を深く認識され、青い羽根募金活動に全社を挙げて取り組み、多年にわたり多額の寄附をし、本会の事業に極めて抜群の功労があった。

平成24年度名誉総裁表彰受章者
(和歌山県水難救済会 紀南東部救難所串本支所)

平成23年度名誉総裁表彰彰の取止めについて

東日本大震災により東北地方を中心に甚大な被害が発生し、また、岩手県、宮城県、福島県、茨城県等の水難救済会の救難所、支所及び救助員も甚大な被害を受けていることに鑑み、平成23年度は日本水難救済会名誉総裁表彰を取り止めました。

平成22年度名誉総裁表彰受章者

表彰受章者 功績の概要
高知県水難救済会
宇佐救難所
(海難救助功労/団体)
 平成21年9月27日午前10時20分頃、高知県土佐市宇佐沖合で遊漁を終え帰港中の遊漁船から乗船者1名が海中転落し、海上保安庁より救助要請を受けた宇佐救難所は、直ちに救助船に救助員3名を乗船させ出動した。 救助船は付近海域の漂流ごみと潮目を重点的に捜索し、助けを求める微かな声を聞きつけ、6時間以上救命胴衣を着用しないまま立ち泳ぎの状態で漂流し疲労困憊の海中転落者を発見、無事救助した。  本件海難救助は、沿岸海域の海潮流に熟知した地元漁民でなければなし得なかったものであること、また救命胴衣を着用しないまま頭部のみ海上に出した状態で極めて発見しづらい状況下、五感を研ぎ澄ませつつ要救助者の助けを求める微かな声を聞きつけて救助に至ったもので、操船者と捜索者とが連携した見事な救助作業であり、極めて抜群の功労があった。
長崎県五島中央病院
(洋上救急功労/団体)
昭和60年10月から開始された洋上救急事業において、協力医療機関として長期間にわたり積極的に協力し、これまで31件の洋上救急事案に対して52名の医師・看護師を派遣、巡視船や航空機等に同乗して出動し、緊急に医師の加療を要する傷病者に対して医療処置を行い、船員等の人命救助と福祉の向上に抜群の功労があった。
SGホールディングス株式会社代表取締役会長兼社長
栗和田 榮一
(事業功労/団体)
 本会が行なう水難救済事業に関し、日頃からその重要性を深く認識され、青い羽根募金活動に全社を挙げて取り組み、多年にわたり多額の寄附をされた。
ジュン ペイジ
(Jun Page)
(事業功労/個人)
 本会の正会員であったペイジ・グラハム・ジョン氏は、日頃から水難救済事業の重要性を深く認識され、同氏の父君の遺産の一部を寄附していただく等多大なご支援をいただいていたところ、平成21年3月に同氏がご逝去され、そのご子息のジュン・ペイジ氏が故人のご遺志を汲み、日本水難救済会の発展のためにと多額の寄付をされた。
河崎 則子
(事業功労/個人)
 平成20年11月に、熊本県の八代海で遊漁中の夫を不慮の海難事故で亡くされたことから、水難救済事業の重要性を深く認識され、捜索救助活動等に役立てて欲しいとの強い思いから青い羽根募金に多額の寄附をされた。

平成22年度名誉総裁表彰受章者
(高知県水難救済会宇佐救難所)

平成21年度名誉総裁表彰受章者

表彰受章者 功績の概要
香川県水難救済会
多度津救難所
白方支所
(海難救助功労/団体)
 平成20年9月21日午前10時30分頃、香川県仲多度郡多度津町の沖合において、天候急変に伴う突風により、プレジャーボート等多数が転覆した。  強風高波の危険な状況のもと、多度津救難所白方支所救助員が一丸となって迅速的確に救助活動を行い、転覆したプレジャーボート「白鷺」(5.38メートル、船長他2名乗船)及び釣り船「細川丸」(7.47メートル、船長1名乗船)の遭難者4名を救助するとともに、転覆船2隻を白方漁港まで曳航救助したもので、人命救助に極めて抜群の功労があった。
総合病院沖縄赤十字病院(洋上救急/団体) 昭和60年10月から開始された洋上救急事業において、同事業の協力医療機関として長期間にわたり積極的に協力し、これまで51件の洋上救急事案に対して95名の医師・看護師を出動させ、緊急に医師の加療を要する船舶上の傷病者に医療処置を行い、船員等の人命救助と福祉の向上に極めて抜群の功労があった。
福岡県水難救済会前会長伊豆善也(事業/個人)  昭和52年に日本水難救済会福岡県支部長に就任以来31年余に亘り、水難救済事業に深く関与され福岡県水難救済会の社団法人化を図るなど、同会の育成及び発展に大きく寄与された。  また、その間、日本水難救済会の役員として同会の発展に尽力されるとともに、昭和60年、洋上救急制度の発足時から洋上救急センター北部九州地方支部長として洋上救急業務の的確な遂行に大きく貢献されるなど、本会の事業に極めて抜群の功労があった。

平成21年度名誉総裁表彰受章者
(香川県水難救済会多度津救難所白方支所)

平成20年度名誉総裁表彰受章者

表彰受章者 功績の概要
宿毛救難所及び大月救難所(団体)  平成19年5月31日午後8時40分頃、高知県幡多郡大月町南方海上において4人乗りのプレジャーボートが岩礁に激突大破し、浸水沈没したとの情報を入手するや、直ちに救助船7隻を出動させ、漂流中の4人全員を無事救出した。
残波ビーチ救難所 救助員
仲里 武晃、福地 常幸、藤巻 正洋(個人)
 平成19年4月18日午後2時頃、沖縄県残波岬沖合いのリーフ内で潮干狩り中の13名が、天候の急変により、岩礁等に孤立し救助を求めているとの情報を受けるや、直ちに船外機付救助船と水上オートバイで現場に急行し8名を救助した。
稲佐救難所(団体)  平成15年から平成19年までの5年間、連続して海難救助件数が全国の救難所中第1位となる実績をあげた。
遊覧船かすみ丸 有限会社(団体)  毎年、青い羽根募金強調運動期間中、遊覧船かすみ丸観光客に募金の協力を呼びかけるなど募金活動に多大の貢献をするとともに、「青い羽根募金」に多額の寄付をした。
社団法人 日本海員掖済会
宮城利府掖済会病院(団体)
 洋上救急事業に長期間にわたり積極的に協力し、49件の洋上救急事案に対して102名の医師・看護師を出動させ、船舶上の傷病者に医療処置を行った。

平成20年度名誉総裁表彰受章者
(遊覧船かすみ丸 有限会社)