サイトマップ 文字サイズ変更
     
サイト内検索
トップページ > 栄誉ある表彰

栄誉ある表彰

 本会が実施している水難救済事業や洋上救急事業に関し、功労のあったボランティア救助員並びに協力医療機関及び医師・看護師などの皆さまに対し、表彰審査委員会の審査を経たうえで、本会の名誉総裁と会長から表彰を行なっています。

名誉総裁表彰

名誉総裁章(個人)

名誉総裁盾(法人・団体)

 海難救助や洋上救急活動等に極めて抜群の功労のあった個人・団体には、表彰状または感謝状と名誉総裁章または名誉総裁盾を贈呈いたします。

■ 名誉総裁表彰式典
    名誉総裁 高円宮妃久子殿下のご台臨を賜り、名誉総裁表彰式典を開催しております。

名誉総裁 高円宮妃久子殿下から海難救助功労(個人)
として表彰状及び名誉総裁章を授与される救助員

令和元年度名誉総裁表彰式典で
おことばを述べられる高円宮妃久子殿下



(注)令和2年度の名誉総裁表彰式典につきましては、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から取りやめといたしました。

会長表彰

 海難救助や洋上救急活動等に功労のあった個人・団体には、表彰状または感謝状とともに章または盾を贈呈しています。表彰の対象は次のとおりです。

■ 海難救助に従事するボランティア救助員等に対する表彰
     海難救助等に功労があったボランティア救助員や救助員が所属する救難所に対して、救助功労表彰、救助出動回数功労表彰、勤続功労表彰などの表彰を行なっております。
 また、ボランティア救助員以外の方で、救助員が行なう海難救助にご協力・ご援助をいただき、顕著な功労のあった個人・団体の方には感謝状を贈呈しています。
 
表彰状とともに贈呈する章または盾

■ 洋上救急事業に従事する医療機関・医師等に対する表彰
     洋上救急活動に功労があった医療機関や医師・看護師等の方々に対して洋上救急功労の表彰を行なっております。

表彰状とともに贈呈する盾

表彰状とともに贈呈する章
(地方支部の役職員に限る)

■ 事業功労(金品の寄附を含む)に対する表彰
     本会の事業に功労があった方に対して事業功労の表彰を行なっております。
 なお、事業功労表彰には本会に一定以上の金品のご寄附をしていただいた方に対する表彰も含まれます。

表彰状とともに贈呈する章または盾



名誉総裁表彰の対象

◎ 100万円以上のご寄附をしていただいた個人・・・感謝状と名誉総裁章
◎ 300万円以上のご寄附をしていただいた団体・・・感謝状と名誉総裁盾

会長表彰の対象

◎ 10万円以上のご寄附をしていただいた個人又は団体・・・感謝状
◎ 20万円以上のご寄附をしていただいた個人・・・感謝状と有功章
◎ 20万円以上のご寄附をしていただいた団体・・・感謝状と事業功労有功盾

(参考)紺綬褒章の上申について

一時に500万円以上のご寄附をされた個人、1,000万円以上のご寄附をされた法人・団体は、紺綬褒章の対象となりますので、本会から国に上申いたします。


令和元年度名誉総裁表彰受章者

表彰受章者 功績の概要
兵庫県水難救済会
 香住救難所
 救助員 藤平  進 氏
 協力者 M本 和彦 氏
(海難救助功労/個人)
 平成30年8月26日午前5時45分頃、兵庫県美方郡所在の余部埼で釣人2名のうち1名が救命胴衣を着用し釣り場を移動中、高さ約2mの磯波にさらわれ海中転落し、同行の釣人が投げいれたルアー(疑似餌)の釣り糸を右手に巻きつけて救助を待った。
 海上保安署から救助要請を受けた香住救難所は、付近海域で操業中の2名乗り組みの救助船第一豊漁丸に出動依頼し、同救助船は直ちに現場に急行した。
 現場海域は暗礁や岩礁が点在し、風速14mの南西の風、高さ1.5mの波と台風20号の影響による、うねりも加わり時々大きな磯波が打ち寄せて海中転落者が岩礁等に打ちつけられるおそれがあり、また、現場海域に出動した大型の巡視艇が激しい風浪により暗礁に乗り上げるおそれがあり接近困難な中、救助員(船長)は喫水の浅い救助船を巧みな操船により陸岸に接近させ、乗組員(協力者)が救助員の指示により、漁業に使用する「アバ(浮子)」にロープを組み合わせて海中転落者に向けて投げたところ、海中転落者がそれを掴んだことから救助船まで引き寄せて船内に収容、救助した。
遠藤 潔 氏
(事業功労/個人)
 創設以来、沿岸海域における人命・財産の救助において歴史と実績がある本会が運営する水難救済事業の崇高さと重要性を認識するとともに、「青い羽根募金」の趣旨に感銘を受け、個人の社会貢献活動と考え、平成26年5月15日から平成30年8月15日までの間、本会に対し「青い羽根募金」として多額の寄附をした。
公益社団法人 北海道海難防止・水難救済センター 前理事長
山田邦雄 氏
(事業功労/個人)
 社団法人北海道漁船海難防止センターと社団法人日本水難救済会北海道支部との組織統合に向けた困難な改革を推進して、平成11年8月に新たな組織として社団法人北海道漁船海難防止・水難救済センターを設立させた後、同センターの副理事長に就任、その後、平成13年6月には理事長に就任し、水難救済事業の発展に大きく貢献するとともに、公益法人化に向けた組織改革を積極的に推進し、平成24年4月、社団法人から公益社団法人北海道海難防止・水難救済センターへの移行を成し遂げた。
 また、平成13年6月から平成30年6月まで、洋上救急センター道南地方支部の支部長として17年間にわたり洋上救急の円滑な事業推進の中心的な役割を果たすなど、約20年の長きにわたり北海道における水難救済事業と洋上救急事業の推進に尽力した。
 更に、平成13年10月から現在まで約18年にわたり日本水難救済会の理事として、日本水難救済会及び全国の水難救済会の発展に寄与した。
令和元年度名誉総裁表彰受章者
(海難救助功労/個人)
兵庫県水難救済会香住救難所
救助員 藤平 進 氏
協力者 M本 和彦 氏

令和元年度会長表彰受章者

 令和元年度の会長表彰は次のとおりです。

 海難救助功労者表彰一覧表(PDF)はこちら
 洋上救急功労者表彰一覧表(PDF)はこちら
 事業功労者表彰一覧表(PDF)はこちら