洋上救急事業

海上の傷病者を救う世界唯一のシステム“海の救急医療”。
昭和60年の設立以来、出動は882件、救助人員は915名を数えます。
(平成30年4月15日現在)

洋上救急の概要(動画)

下記より洋上救急の概要(動画)を見ることができます。

洋上における医師の派遣は、人命救助と船員福祉という人道的観点にたって1985年10月より日本水難救済会の事業として開始されています。
洋上救急事業は、医師を洋上へ派遣して、救急医療を提供する世界で唯一のシステムです。
本動画は、洋上救急の概要をまとめた動画です。
なお、洋上救急の概要(英語版)もYouTubeで聴取することができます。

船舶で傷病者が発生すると…

 我が国の周辺海域においては、遥か洋上の船舶内で傷病者等が発生し、緊急に医師の加療を必要とする場合、海上保安庁の巡視船・航空機等で医師・看護師等をその船舶まで急送して応急治療を行いつつ、最寄りの病院に救急搬送しています。

慣熟訓練

 洋上救急では、医師や看護師は巡視船やヘリコプターに乗組み、遥か洋上まで出動し、厳しい自然条件や巡視船・ヘリコプターの動揺、騒音等の悪条件下における救命治療が必要とされます。
 このため、全国各地域では多数の医師・看護師が訓練に参加し、ヘリコプタ-等に搭乗して訓練を行うなど、現場の状況を実際に体験して出動に備えています。

ヘリコプター搭乗訓練

 洋上救急の現場に向かうヘリコプターに搭乗する際の注意事項等を訓練時に確認しておくことが必要です。

ヘリコプター機内での処置訓練

 機内は狭く騒音や振動が伴うので訓練時に状況を体験しておくことが重要です。
(写真提供:海上保安庁)

出動事例

≫もっと洋上救急の状況を見る

洋上救急発生海域図
(平成30年4月15日現在 882件)

青い羽根募金フリーダイヤル 0120-01-5587
青い羽根募金活動
  • 青い羽根募金とは
  • 募金の使いみち
  • 募金をする
  • 募金をしていただいた皆様
会員登録/お問い合わせ
  • 正会員・賛助会員への入会・会員登録
  • 入会・青い羽根募金・その他のお問い合わせ
会報誌/コミュニケーション
  • マリンレスキュージャーナル
  • 地方水難救済会の動き
  • 投稿メール

■本ホームページに関するお問い合わせは

公益社団法人 日本水難救済会

〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目5番地
海事センタービル7階
電話:03-3222-8066
FAX:03-3222-8067