サイトマップ 文字サイズ変更
     
サイト内検索
トップページ > 水難救済思想の普及

水難救済思想の普及

将来のボランティア救助員を育てるために、
全国各地で水難救済教室を開催しています。

ボランティア教室

 主に青少年を対象に、海上保安官やライフセーバーの方を講師に招いて、海での事故を防ぐための知識の他、万一自分や友達等が海で遭難した時に助かる術と安全助ける術を実地に手ほどきを受けて学ぶため、若者の水難救済ボランティア教室を全国で展開しています。

稲城市立稲城第二小学校
(東京都)

 五年生及び六年生を対象に教室を開催し、ペットボトルを利用した背浮、ライフジャケットの着用を体験しました。


勇払郡厚真町立厚真中央小学校(北海道)
 着衣泳を体験しました。

有田町立有田中部小学校
(佐賀県)

 ペットボトルを使用した着衣による背浮きを習得しました。


新潟市立升形小学校(新潟県)
 着衣での浮力を体験しました。

●人工呼吸を体験しました
(富山県・中学生)

 今日の講習で、心に残ったのは、人工呼吸とAEDの体験です。人工呼吸では、あごを上げて、気管に息が入りやすいようにし、大きく口を開けて、胸がふくらむまで息を送りました。皆の前でやるのは、恥ずかしい気もしましたが本番の時はそんなことも言っておられません。この経験が命を救うかもしれないので大切に 覚えたいと思います。

●もし、命が守られたら
(東京都・小学生)

 もし、溺れる人を見つけたら、教えてもらったことを使って、助けて、命が守られたらいいです。お母さんなど身近な人にも教えてあげたいです。五年生の時、衣服で命が助かることを知ったので、工夫をすれば守れるということをすごく実感しました。ボールでもビニール袋でも命が助かるので発想がすごいと思いました。

●着衣泳で学んだこと
(東京都・小学生)

 着衣泳をしてみて学んだことが二つあります。一つ目は、泳ぐのではなく、浮くことです。泳ぐと体力を使ってしまうから浮く方がいいと分かりました。二つ目は、遠くにいる人には、水の入ったペットボトルやボール等を投げるといいということです。空のペットボトルだとあまり遠くに飛ばないので、水の入ったペットボトルを投げた方がいいと分かりました。


■感想文



自らの身を守るために

 プレジャーボート等からの海中転落者について、ライフジャケットの着用・非着用でデータを見ると、着用者の生存率は92%(死亡率は8%)であるのに比べ、非着用者の生存率は85%(死亡率は15%)という結果となっており、ライフジャケットの着用が生存率向上に大きく寄与していることがわかります。

ライフジャケットの着用・非着用
ライフジャケット着用体験

ライフジャケット着用体験
 ライフジャケットを着用して水中へ。
船から海中に転落した場合など、いざという時のために訓練をしておくことが大切です。


離岸流

離岸流
 岸から沖に向って、強い流れを起こす離岸流。もし、巻き込まれてしまったら、まっすぐに戻ろうとせず、海岸と平行に移動し、離岸流から抜け出した後、岸へ向います。