サイトマップ 文字サイズ変更
     
サイト内検索
トップページ > 栄誉ある表彰

栄誉ある表彰

 本会が実施している水難救済事業や洋上救急事業に関し、功労のあったボランティア救助員並びに協力医療機関及び医師・看護師などの皆さまに対し、表彰審査委員会の審査を経たうえで、本会の名誉総裁と会長から表彰を行なっています。

名誉総裁表彰

名誉総裁章(個人)

名誉総裁盾(法人・団体)

 海難救助や洋上救急活動等に極めて抜群の功労のあった個人・団体には、表彰状または感謝状と名誉総裁章または名誉総裁盾を贈呈いたします。

■ 名誉総裁表彰式典
    名誉総裁 高円宮妃久子殿下のご台臨を賜り、名誉総裁表彰式典を開催しております。

名誉総裁 高円宮妃久子殿下から海難救助功労(個人)
として表彰状及び名誉総裁章を授与される救助員

平成30年度名誉総裁表彰式典で
おことばを述べられる高円宮妃久子殿下

会長表彰

 海難救助や洋上救急活動等に功労のあった個人・団体には、表彰状または感謝状とともに章または盾を贈呈しています。表彰の対象は次のとおりです。

■ 海難救助に従事するボランティア救助員等に対する表彰
     海難救助等に功労があったボランティア救助員や救助員が所属する救難所に対して、救助功労表彰、救助出動回数功労表彰、勤続功労表彰などの表彰を行なっております。
 また、ボランティア救助員以外の方で、救助員が行なう海難救助にご協力・ご援助をいただき、顕著な功労のあった個人・団体の方には感謝状を贈呈しています。
 
表彰状とともに贈呈する章または盾

■ 洋上救急事業に従事する医療機関・医師等に対する表彰
     洋上救急活動に功労があった医療機関や医師・看護師等の方々に対して洋上救急功労の表彰を行なっております。

表彰状とともに贈呈する盾

表彰状とともに贈呈する章
(地方支部の役職員に限る)

■ 事業功労(金品の寄附を含む)に対する表彰
     本会の事業に功労があった方に対して事業功労の表彰を行なっております。
 なお、事業功労表彰には本会に一定以上の金品のご寄附をしていただいた方に対する表彰も含まれます。

表彰状とともに贈呈する章または盾



名誉総裁表彰の対象

◎ 100万円以上のご寄附をしていただいた個人・・・感謝状と名誉総裁章
◎ 300万円以上のご寄附をしていただいた団体・・・感謝状と名誉総裁盾

会長表彰の対象

◎ 10万円以上のご寄附をしていただいた個人又は団体・・・感謝状
◎ 20万円以上のご寄附をしていただいた個人・・・感謝状と有功章
◎ 20万円以上のご寄附をしていただいた団体・・・感謝状と事業功労有功盾

(参考)紺綬褒章の上申について

一時に500万円以上のご寄附をされた個人、1,000万円以上のご寄附をされた法人・団体は、紺綬褒章の対象となりますので、本会から国に上申いたします。


平成30年度名誉総裁表彰受章者

表彰受章者 表彰理由
宮崎県水難救済会
 日南市漁業協同組合救難所
 救助員 佐藤 一徳 氏
 救助員 佐藤 慎也 氏
(海難救助功労/個人)
 平成29年6月22日、午前3時30分頃、鹿児島県奄美大島西方約70海里付近海上においてマグロ延縄漁船が漂泊中、浸水し、急速に船体が傾斜したことから、漁業無線にて救助を要請するとともに、直ちに全員が救命筏にて退船した。
 付近海上で操業中の救助船徳慎丸(漁船:日本人2名、インドネシア人3名乗組み)は、同船の救助要請を無線にて傍受するや直ちに操業を打ち切り、AIS装置に表示されていた同船の位置に急行し、暗夜の中、探照灯を使用しながら目視捜索を開始したところ、午前4時26分頃、転覆している同船を発見した。
 しかし、付近海上に同船乗組員の姿や救命筏も見当たらなかったことから、その旨を僚船及び海上保安部に通報するとともに、転覆していた船から風下に向って漂流物が散在していたことから、それに沿って捜索するも発見に至らなかったため、同船の風上側にて捜索を続行したところ、約2メートルのうねりがある中、救命筏を発見、午前5時30分頃、救命筏内で救助を待っていた乗組員6名全員を救助した。
絹田 正裕 氏
(事業功労/個人)
 本会が行う水難救済事業の重要性を深く認識し、青い羽根募金の趣旨に感銘を受け、ボランティア救助活動等の支援に役立ててほしいと、平成27年1月15日から平成29年10月16日までの間、青い羽根募金として本会に多額の寄附をした。
木 芳暢 氏
(事業功労/個人)
 東日本大震災の大津波による被災状況に衝撃を受け、少しでも復興支援に役立つことができないかと考えていたところ、被災地域に所在していた地方水難救済会の多くの救難所が被害を受けたことを知ると同時に、本会が行う水難救済事業の重要性を深く認識するとともに青い羽根募金の趣旨に感銘を受け、平成27年1月15日から平成29年12月15日までの間、青い羽根募金として本会に多額の寄附をした。
若築建設株式会社
(事業功労/団体)
 本会が行う水難救済事業の重要性を深く認識し、長年にわたり全社を挙げて青い羽根募金に協力し、清涼飲料水を購入することにより売上金の一部が青い羽根募金として寄附される「青い羽根募金支援自動販売機」を設置するなどして、平成25年4月22日から平30年2月27日までの間、青い羽根募金として本会及び地方水難救済会に多額の寄附をした。
平成30年度名誉総裁表彰受章者
宮崎県水難救済会日南市漁業協同組合救難所
救助員 佐藤 慎也 氏